fbpx

インタビュー企画 いんたーねっとどうぶつえん 大石涼香さん

2019年7月22日

自己紹介



初めまして。

いんたーねっとどうぶつえんを運営と女性向けの起業家育成をしております大石と申します。

本日はよろしくお願い致します。


大石さんの夢や目標を聞かせてください

私の目標は、今後一緒に働いていけるビジネスパートナーになれるような人材を、来年の末までに100人集める事です。

単に人を集めるだけではビジネスパートナーになれる人材は、なかなか発見できませんので、私がしっかりと起業家として自立できるようにガイドさせて頂きます。

そして、月収100万円以上の起業家を、今年中に50名以上育成したいと思っています。

その夢を実現させるためにどんな活動をされていますか?

現在は、起業家や個人事業主として活動したい人たち向けて、正しくビジネスを継続することで将来的に、

・経済の自由
・場所の自由
・時間の自由
・人間関係の自由

が手に入り、” 自由に選べる選択肢が増える ” というメッセージを、いんたーねっと動物園の写真や動画にで表現しています。

上の写真のイメージがまさに” 自由な生活が送れるようになれる ” という言葉をビジュアル化させたものですね。

いんたーねっとどうぶつえんでは、現地に行かなくても動物園や水族館、アニマルカフェに行っているような体験ができるインターネット上の動物園で、写真や動画を通して動物の魅力を伝えおります。

また、女性起業家の育成では、最終的なゴールとして、” 幸せの輪を広げる “ ということにあります。

” 幸せの輪を広げる ” とは、誰か1人が幸せになったら、その人の周りの、例えば3人が幸せになるまでお手伝いして、その3人のA・B・Cさんがまた次のA1・A2・A3さんに幸せの輪を広げていくということです。

enzoo(アンズ)の運営者の中で幸せの輪を広げていくだけでなく、参加してきた塾のメンバーや卒業生まで幸せが広がれば、その先にどんどんと幸せの輪が広がっていくと思っているので、そんな世界を実現したいですね。


新たにアンズという言葉が出てきましたが、これは何でしょうか?

enzoo(アンズ)とは?

現在、私のところには動物園のように、色々な業種の方々が集まってきています。
そして、大きなビジネスに発展する「enzoo(アンズ)」という塾スタイルのコラボ関係ができています。アンズとは【アントレプレナー(起業家)】と【Zoo(動物園)】という単語からできている造語です。

enzoo(アンズ)はどんなところなの?

動物園では、自然界では一緒に住めないような動物が共存していますよね。

それは動物園という居場所が、色々な動物が一緒に住める環境を提供しているからです。

enzoo(アンズ)の目的は、動物園のように普通なら共存できない色々な起業家が共存できる、プラットホームを提供することです。

言い換えると、個々ではうまく機能しなかった起業家たちに居場所を提供するという事で、最大のパフォーマンスを出してもらえる場がenzoo(アンズ)になります。

新しい生き方を伝える

日本の社会では誰かが決めた基準によって点数を付けられ、他の人と比べて劣っている所にフォーカスを当て、【できている人】【できていない人】と区分されます。

たまたまできていないところがある人は、できていない部分ばかりにフォーカスを当てられ、そこを矯正する事ばかりを押しつけられてしまいます。

押し付けられた人は、自分のエネルギーの大部分を不毛に劣っていると言われていることに注力することになってしまうんですが、個人では10点満点中3点や4点という平均点以下の人でも、どこか優れたところが必ずあると思うんですね。

その本人が気づいていない優れたところにフォーカスを当てて、それを皆で持ち寄れば、集団としては8点や9点というトップレベルの力を発揮する事ができると思っていますので、それを実現するコミュニティーでもあります。

今の活動を始めたきっかけは?

いんたーねっとどうぶつえんを見て興味を持って頂いた方に、私のような究極のポンコツでも(笑)、皆さんの役に立てられるようになれるという事をわかりやすくする為に、運営を始めました。

いんたーねっとどうぶつえんは、この自由な生活の象徴です。

私自身、人生を豊かに生きたいと思って今のメンターについてきました。人生を豊かに生きる為には、選択の自由が大切だと思います。

そのためには、

・経済の自由
・時間の自由
・場所の自由
・人間関係の自由

そして、【健康】が重要だと思っていますので、仕事を選ぶときには、これらすべてが手に入る仕事を選んでもらいたいという想いを持って今の活動をしております。

活動を行う中での失敗談や苦労したことを教えてください 。

苦労話は、たくさんありますね~。

いんたーねっとどうぶつえんの写真や動画では、動物の可愛い姿だけを載せていますが、実際は噛まれたり引っかかれたりマーキングをされたり、服を破かれたり髪の毛を食べられたりしています。(笑)

東京の某アニマルカフェのカワウソに顔を噛まれて血が噴き出した事件や、北海道にある自己責任の動物園では、コモンマーモセットという小さなお猿さん同士のケンカに巻き込まれて、顔を噛まれました。

経営部分では、商品を売りたくないという人と自信がないという人をどう動かしていけばいいのか?熟考する時期がありましたね。

改めて今、誰のどんな役に立つためにいかなる熱意を持って取り組んでいますか?

23歳~28歳の独身女性で、将来に漠然とした不安を抱えており、現実は孤独感を感じていて生きがいや遣りが見つかっていない人のお役に立ちたいと思っております。

私のお役に立てることは2点あります。

1つ目は、独りぼっちではない、心の底から繋がれる仲間がいる環境の提供です。

都会のど真ん中に住んでいても孤独感がぬぐえない方が大勢いらっしゃいます。

これは、将来への不安や、社会の中で自分が認められていないのではないかという恐怖が原因になっている場合が多くあります。

この孤独感を解消する事が、自分らしく生き、積極的な遣り甲斐のある人生を進む助けになるのではないかと考えています。

2つ目は、「経済の自由」「時間の自由」「場所の自由」「人間関係の自由」この4つの自由が手に入る起業家育成プログラムの提供です。

「経済の自由」は、もし自分が病気になって働けなくなったとしても安心した収入が入ってくるようになるまで、治療に専念できるような仕組みです。

「時間の自由」は、OLのように時間に縛られて働くのではなく、自分の好きなタイミングで働くことができる仕組みです。

「場所の自由」は、時間の自由と似ていますが働く場所を自分自身で決める事ができるので、旅行先でも仕事ができたり、海外でも仕事ができたりする、稼ぐ場所の自由が手に入る仕組みです。

「人間関係の自由」は、職場の上司や先輩に気を使ったりせずに自分の好きな人とだけ仕事ができるようになる仕組みです。

高校や大学では、教科書を渡して平均的な人向けの授業をするだけですが、私は個人の知識や経験にせて、個別指導方式で、できないところが自動車教習所のように【できるようになる】まで一緒にやっていく方式をとっています。

この方式は、集合教育に比べて10倍以上も手間が掛かりますが、できるだけ多くの方を自動車教習所のように【できるようにする】ためには、この方法しかないと考えています。


最後に伝えたいこと、知ってほしいことがあればメッセージをお願いします。


私たちが提供している中で最も重要視していることは、【理念】と【人との繋がり】です。

【人との繋がり】では、国内外問わずで繋がりを大切にしていまして、アメリカやオーストラリア、ドイツ、タイ、最も遠くで言えばエジプトにいる人たちとも繋がりがあります。

一級建築士をはじめとする住宅リフォーム関係や某国立大学の付属病院の教授、睡眠のスペシャリストなど多様な業種の仲間との繋がりの中で、自分のやりがいを感じられる仕事を見つけてもらいたいと思っております。

それが私の場合、「いんたーねっとどうぶつえん」という形で見せていますが、超大風呂敷が広げられておりますので、それに向けての入り口として活動しています。

私たちが提供している塾では、月収100万円を稼げるようになっていただくことが塾生の最初の通過点です。

もちろん、月収100万円が目的や目標ではありません。

その先にある「幸せの輪」を広げていくためには、経済的な自由も欠かせないことだと思いますので、まずは、多くの人が時間がかかってしまう0から1までのサポートをしております。

なので、月収100万円でいいと思っている方は、アンズには入塾できませんがその先の未来まで考えている熱意ある人はぜひ、一度 お問い合わせ いただければと思います。

告知

視聴者が気になる動物施設が出てきた場合は、一緒に現地へ行くような企画も考えております。

私は独りで動物施設巡りをしている事が多いので気にならないのですが、中には行きたいと思っていても、なかなか独りでは行きづらい方や一緒に行ける仲間がいない方も多くいらっしゃいます。

のそういった方とお気に入りの動物施設めぐりができるような企画です。

好きな動物を教えて下されば、どの動物園がいいかお伝えする事もできますので、お気軽にご相談下さい。

ひとこと

大石さんありがとうございました!

こちらの サイト では、いんたーねっとどうぶつえんの活動をより詳しく発信しておりますので、ぜひ、ご興味ある方は一度チェックしてみてください!

< いんたーねっとどうぶつえん >
< Instagram >
< Twitter >
< Facebook >